ホーム > 内視鏡検査・内視鏡下治療

内視鏡検査・内視鏡下治療

当院では、胃・大腸の内視鏡検査や、内視鏡下治療(ポリープの切除など)を行っています。

内視鏡検査・内視鏡下治療とは?

内視鏡検査・内視鏡下治療とは?

先端に小型カメラやレンズの付いた管を口や鼻、肛門から挿入し、食道や胃、十二指腸や大腸の内部を検査しつつ、ときには治療を行うものです。
とくに内視鏡下治療では、開腹手術せずに治療ができるので、体への負担を大きく減らすことができます。

当院の「内視鏡検査・内視鏡下治療」の特徴

粘膜下の病変もキャッチする「NBI」を導入
通常の内視鏡では診断しにくい、粘膜表面に現れない血管の病変をキャッチし、色の違いでハッキリと診断できるのが、「NBI」の特徴です。
これにより、初期の胃ガンや食道ガンなど小さなガンも早期に発見することができます。
内視鏡専門医の院長が担当
長年、内視鏡外科を専門として経験を積んできた医師が行うので、安全で確実性の高い検査・治療が可能です。
苦痛の少ない「胃の検査・治療」
従来の口から入れる胃カメラでは吐き出そうとする反応が苦痛でしたが、当院は鼻から挿入する経鼻内視鏡を使用するので、苦痛を感じにくくなっています。

右:細径(経鼻)内視鏡 直径5.4ミリ
左:経口内視鏡 直径9.2ミリ

※ケースに応じて、より嘔吐反応の少ない6.5ミリの経口内視鏡を使用する事が出来ます。
リラックスできる「大腸の検査・治療」
当院では、大腸の検査・治療の前には、個室の前処置室を使用できます。部屋専用のトイレがあり、テレビやビデオを見ながらリラックスして前処置を受けられます。

内視鏡検査・内視鏡下治療の流れ

前処置
検査・治療前には食事を控えていただき、胃の中を空っぽの状態にしていただきます。
大腸の検査・治療の場合は、下剤を飲んで腸を空っぽにします。
検査・治療実施
胃の場合は鼻もしくは口から、大腸の場合は肛門から内視鏡を挿入します。
検査を進めながら、ポリープ切除など同時に治療を行うこともあります。
検査終了
麻酔注射をされた方には、1~2時間ほど休憩をしていただき帰宅していただきます。

内視鏡検査Q&A

検査当日は何か準備をして行く必要がありますか?

ご来院いただく前にご自宅で下剤を服用し、排便を済ませた後に来院していただくようお願いしております。
当院での下剤服用を希望される方には、トイレ付の個室をご準備しております。
詳しくは当院にご相談ください。

ページのトップに戻る

以前内視鏡検査をした時に苦しかったので、麻酔をしたいのですが。

当院ではご希望に応じて麻酔処置も行っております。
検査・治療時の苦痛を抑えるため、少し眠くなるくらいの麻酔を使用します。
麻酔は経験豊富な外科医が行うので安心です。
※保険適応外となります。

ページのトップに戻る

時間はどのくらいかかりますか?

胃の検査は診察や前処置を含め1~2時間ほどになります。
大腸の検査は約半日ほどです。症状等によって時間は変わります。

ページのトップに戻る

予約なしで行ってすぐ検査していただく事は出来ますか?

内視鏡検査は事前の予約をお願いしております。
お問い合わせ下さい。TEL:0942-32-7011

ページのトップに戻る
医療法人やまうちクリニック 0942-32-7011
やまうちクリニックについて
アクセス


大きな地図で見る

住所:〒830-0003
福岡県久留米市東櫛原町2303-23
休診日:
日曜・祝日、水曜午後、第4土曜午後

詳しくはこちら
クレジットカード使用できます